ウコンについてもっと詳しく絞り込み検索

トリプルウコンとは

トリプルウコンとは


「トリプル」が示すように
3種類のウコンが配合された
ウコンのことです

その3種類のウコンとは



春ウコン
  クルクミンの含有量は秋ウコンより少ないのですが、
  ターメロン、シネオール、クルクモール、
  α-クルクメンなどの精油成分が多く含まれ、
  健胃作用が優れています。

・秋ウコン
  クルクミンの含有量が最も多いウコンで、
  切り口はオレンジがかった濃い黄色をしていて、
  苦味が強い種類です。
  精油成分の含有量は春ウコンに比べてやや少ないですが、
  肝機能強化抗酸化力が高い種類のウコンです

紫ウコン
  沖縄などで栽培されている、切り口が紫色のウコンです。
  クルクミンの含有量は少ないのですが、
  ターメロン、シネオール、クルクモール、
  α-クルクメンなどの精油成分が多く含まれています。




と、それぞれに特徴があり
 それらを絶妙に配合したものが
   トリプルウコンです

そして上記三種類が
 日本で栽培されているウコンです

ウコンの利用方法

ウコンの利用方法

ウコン効能が科学的に証明され始めたのは最近の話。
紀元前の大昔から民間療法やスパイス、
またはハーブとして利用されてきているのです

たとえば・・・

<スパイス>
 もっとも知られているのが
 カレーに入れるターメリックはウコンの英語名です。
 カレーのあの独特な色はウコンの色と
 いっても過言ではないのです。
 ショウガ科のウコンは日本食でもよく使われてきました。
  煮魚や鶏肉と一緒に煮て食べると臭みも取れ
  とてもおいしくなります
  しかも、ショウガ科の植物ですので
   食欲を高める働きもあります。


 〜ちょっと豆知識〜

※お寿司にショウガ(ガリ)の意味
   ウコンの属するショウガ科の植物は
   もともと強い殺菌成分を含んでいます。
   保冷設備の無かった昔は魚介類の
   食あたりを防ぐためにショウガを
   一緒に食べる習慣が生まれたといわれています。
   もちろん健胃作用もあるので、
   美味しく食べられるという一石二鳥の食材なのです。



< 塗り薬 >
  ウコンの根をすりおろして
   擦り傷などに塗る民間療法が広く知られています。

 昔は歯磨き粉でした
   紫ウコンは歯槽膿漏用の歯磨き粉として使われていました。



< 入浴剤として >
  ウコンの根の粉をお風呂に入れると
   細胞の新陳代謝が活発になると言われています。

 
 ウコン湯の効能:
   神経痛、肩こり、腰痛、皮膚病、美肌、湿疹など



< 白アリ防止 >
  家の周りにウコンを植えると
  白アリが寄り付かないといわれています。


< ゴキブリにも >
   ウコンの成分はゴキブリをも寄せ付けないようです。
   ご家庭の台所にちょっと置いてみてはいかが?


   

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。